え〜と、実はこのブログを作ったのは随分前なんですよ。

でも、忙しくて後追いで記事にしていきます。わーい(嬉しい顔)

本当はレシピとか、かかったお金とかも記載したいのですが、1年半もの間の大量の写真をブログ用に加工するだけで、一杯一杯なんです。

で、写真を撮ろうとすると待ちきれなくて食べ始めちゃう家族とか・・・。

テーブルデコレーションに懲りすぎると、そばで怒り出す家族とか・・・。

そんなわけで、本当に実録です。ふらふら

ドタバタの食卓写真です。

って、言い訳ばっかりふらふら

唯一の救いは、娘の言葉。

「ママが作ったお料理とか、パパと私の作ったお料理とか、ず〜と未来になっても、このブログがなくならない限り、いつでも見ることができるんだね」

はい。その通りですね。かわいい

そんなわけで、下手ぴな写真と、テーブルデコレーション一切していない食卓写真です。

皆様のレシピやアイデアをコメントしてくださると嬉しいです。揺れるハート

2004年08月02日

冷やし中華

最近、娘が料理づいています。夏休みなので、昼食はもっぱら娘が作っています。

今日の昼食は「冷やし中華」

卵料理に懲りだしている娘は、今度は「薄焼き卵」に挑戦しました。

薄焼き卵って、難しいのよね。 短気になっても失敗するし、暢気にしていると焦げ付くし・・・。

卵料理を制する人は、料理上手になるというから、あながち娘の卵料理への挑戦は間違いではない。

冷やし中華って、生めんを使って作るにしても、インスタントの冷やし中華を作るにしても、麺の茹で方と冷やし方、水切り、ちょっと一工夫のコツがあります。冷やし中華の麺は、固さが勝負なので、水で1本冷やして固さを確認します。

茹で上がったら、急いで冷たい水で滑りを取りながら、しっかりと水切りします。

ボールに移してゴマ油を少々麺全体になじませます。

そうそう、麺を茹でる前にトッピングの材料は全部切りそろえておきます。麺の細さにあわせて、千切りです。

娘が初めて作った「冷やし中華」です。どうでしょう・・・。

2004.8.02s.jpg

薄焼き卵は失敗しちゃいました。ちょっとスクランブルぽいかな。

まだ千切りが上手ではありません。ハムがまるで七夕の短冊のようです。わーい(嬉しい顔)

きゅうりは、スライサーについている千切り器で切りました。きゅうりは手切りのほうが歯ごたえがあって美味しいです。

冷やし中華のスープは、付属のものを使いました。

自分で作るときは、

醤油、酢、砂糖一つまみ、味王を湯で少々溶かしたもの、ゴマ油、これを氷水で割ります。

今日のは出来合いのスープでしたが、娘が汗をかきながら一生懸命作ってくれたので、格別でしたよ。わーい(嬉しい顔)





お帰りの前にお願いします
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
posted by おたま♪ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122567718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。